下着の合わせ方

基準はアンダーバスト

胸部測定

ブラジャーの規格は、製造するメーカーによって変わることがあり、選んだメーカーによってはいつものサイズが合わないという状況も起こり得ます。
フィッティングをする際には、万が一、規格が合わなかった時のために代替サイズの見分け方をマスターしておくと便利です。
フィット感に優れるブラジャーは、アンダーバストとカップのサイズが大抵はピッタリと合っています。
サイズのいずれかが合わない場合、他の商品を検討することになります。
こういった時には、一般的にアンダーバストのサイズを優先するのが良しとされています。
アンダーバストは、体とブラジャーの密着度を高める上で重要な部分です。
この部分のサイズが合っていないと、装着した時の安定感が非常に悪くなります。
動きとともにブラジャーがずれるといった現象が起きやすく、カップの位置も安定しない状態です。
カップの大きさに関しては、アンダーバストと違い、ある程度融通が利きます。
ワンサイズ上、または下のカップサイズでも十分に対応出来ることが多いため、合わない時にはアンダーバストに合わせるのが、代替サイズの選び方の基本です。
代替サイズのブラジャーは、胸のボリュームを少しアップしたい時にも活用ができます。
カップの部分に少しゆとりがある時には、パッドなどを使って胸をふっくらと見せられます。
このようなボリュームの調整に役立つのが、小さな隙間にも無理なく使用が出来る小ぶりのパッドです。

下着の大きさに気をつける

胸部測定

ブラジャーは着心地が良い物を選択する事で、窮屈感を感じずに肩凝りのリスクを減らし、胸の形を整える事が出来ます。
ブラジャー選びは、デザインと共にサイズにも重点を置く必要性があります。
女性の胸のサイズはそれぞれ異なっていますので、正しいサイズのブラジャーを購入したいのであれば、販売店のスタッフに胸のサイズを測ってもらい、適切な大きさのブラジャーを実際に見せてもらうのが良いでしょう。
胸の形を整えるには、矯正機能が搭載されている商品を選ぶ事になりますが、胸の大きさは、脇肉の寄せ方や姿勢によって変わってきます。
胸を大きく見せたいのであれば、胸周辺の脂肪や肉を胸に寄せる事ができ、姿勢を矯正出来るように設計されたブラジャーを選択する事で実現する事が出来ます。
ブラジャーには、日中着ている物の他に就寝時に着ける物もあります。
これはナイトブラと呼ばれる物であり、就寝している時に左右へ胸が流れる事によって胸の形が崩れてしまうのを防ぐ効果が期待出来る商品です。
ナイトブラにも色々なデザインがあり、矯正機能はメーカーによって違い、サイズも多数揃っています。
日中に装着するブラと共にナイトブラを用意して使っていけば、胸が垂れるリスクを軽減する事が出来ます。
女性が美しい胸の形を追求したいと考えた場合、サイズやデザイン、機能のバランスが良いブラを選択する事が大切です。
実際に試着などをする事で、ユーザーの胸にマッチした商品を見つける事が可能です。

着やすいものを選ぶ

胸を測る人

日本の女性のバストのサイズは年々大きくなっており、現在ではCカップやDカップのブラジャーが主流になっています。
実際に食生活の変化から胸が大きくなっているのも確かですが、正しいバストの測り方が普及したのも一因です。
ブラジャーのサイズを測るためには、トップバストとアンダーバストを測る必要があります。
アンダーバストは胸のふくらみの下の部分を指します。
測りやすいですが、メジャーが斜めになりやすいので鏡を見ながら水平になっていることを確認しながら測ります。
トップバストは胸のふくらみが1番高い部分です。
裸になって、そのまま図りますが、乳房が垂れ下がりやすい人は手で持ち上げます。
自然の姿というよりも、ブラジャーを着た時を想定して測ります。
直立姿勢ではなく、90度にお辞儀をした姿でトップバストを測るのもおすすめです。
女性の胸のサイズは、体内の女性ホルモンに影響されやすいです。
なので、生理中は胸が大きくなりやすいので、生理中にサイズを測るのはおすすめできません。
生理中にブラジャーがきつく感じる人は、生理中専用のブラジャーを購入するのもいいです。
また、妊娠中は乳房のサイズだけでなく形も変化していくので、一般的なブラジャーではなくマタニティ用のブラジャーを使用します。
正しく自分の胸を測ってブラジャーのサイズを選んでも、デザインによってきつく感じたりゆるく感じたりすることがあります。
なので、ブラジャーは試着してから購入することが大切です。
有名メーカーの中には、バストを測るのもジャストサイズのブラジャーを選ぶのも専門スタッフが行ってくれるところがあるので、それを利用するのもおすすめです。